巻き爪は皮膚科に通って直しています。ワイヤー治療について

巻き爪は皮膚科に通ってワイヤー矯正をされている方の体験談です。
MENU

巻き爪は皮膚科に通って直しています。ワイヤー治療について

大学生のころから巻き爪に悩み始めました。

 

原因はおそらく靴だと思います。
大学に入っておしゃれな先のとがった靴やヒールの高いパンプスなどを履くことで、足が圧迫され爪が巻いてきてしまったのです。

 

最初は気にしていなかったのですが、少し指をぶつけるだけでもすごく痛いし、爪が肉に刺さってくるので、ばい菌が入りやすくなったようで、ひょうそになりやすくなってしまいました。

 

ひょうそになると膿が出て、痛いし、ひどくなるとズキズキと指が鼓動を打つようになります。これはまずいと思い駆け込んだのが皮膚科です。

 

私の通った皮膚科はワイヤー治療と肉を切る手術を両方行っていたのですが、私の場合は軽度の為ワイヤー治療になりました。

 

足の指1本につき5000円ほどです。保険適用がないため高額でした。(手術の場合は保険適用あり)左右の親指に1本ずつ入れたので、計1万円です。

 

爪に穴をあけて、形状記憶のワイヤーを刺すだけなので痛みはなく簡単な処置です。

 

私の場合は爪が、薄いので一番やわらかいワイヤーを入れてもらいました。結果、一週間ほどで早くも爪が開きはじめ効果がありました。
爪が伸びてきたら、ワイヤーを入れ替えるのですが、お金が勿体ないので、爪を切らずに伸ばしていたら爪が開きすぎておかしな形にはなりましたが、巻き爪は完全に治りました。

 

ただ、また、きつめのパンプスなどを履くと爪が巻いてきてしまうので、その都度、皮膚科に通うようにしています。

このページの先頭へ